2005年04月08日

04/07 vs Carp 3回戦 @広島 10-9 ●

あれがエースと呼ばれる男の投球なんだろうか?
テレビで見ていても井川の投球には、相手打者に向かって投げているとは感じられなかった。
井川の球を受けていた矢野や後ろで守っていた野手は更にそう感じたのではないだろうか?
先制点を貰っても直ぐに点を与えてしまう。逆転してくれても再逆転を許してしまう。
本当にふがいなかった。
キャリア、実力は関係ないんだから、一度鳴尾浜で根性入れ直せっ!

2カード終了して負けたのは2試合。
どちらも井川が先発の試合。
オイラの中ではエースは福原です!
posted by ユタパパ at 19:40| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井川には頑張って欲しいです。こんなもんじゃないはずなんです。
Posted by jagi at 2005年04月09日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[野球]虎のエース 井川 慶について語る
Excerpt: 井川(阪神)が打たれる時は生命線であるチェンジアップが高めに浮き痛打され、変化球が決まらないからストレートで抑えようとするも力んでキレが乏しくなり打たれる。というのが典型的なパターン。井川と言えば球に..
Weblog: 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】
Tracked: 2005-04-09 14:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。