2005年06月08日

06/08〜交流戦〜 vs Buffalos 5回戦 @大阪D 4-8○

今岡会長が一振りで決めた〜

濱中も復活弾〜!!!


最後は冷や冷やで勝った試合。
4点差あれば落ち着いて最後は見れるのに。。。

先制点は今日もタイガース。
3表、先頭の濱中右中間スタンドへ復活弾となるソロアーチを叩き込み1点先制した。
5表にも、先頭の矢野レフトスタンドへソロアーチを叩き込み、1点追加して0-2とした。

7表には先頭の矢野レフトヒット、藤本・三ゴロで一死一塁。赤星四球を選び一死一・二塁。ここでオリックスは先発光原から香月にスイッチ。代わり端、鳥谷ライトへタイムリーヒットを放ち、0-3として、なおも一死一・三塁。シーツの送りバントが投安となり一死満塁。
四番金本レフトへ今季初となつ犠牲フライを打ち上げて0-4とリードを広げた。
鳥谷のタイムリー久しぶりに見たなぁ〜。

が、7裏一死一・二塁で先発杉山からウィリアムスにスイッチ。
そのウィリアムスが内野ゴロで二死一・三塁とされてタイムリーを浴びて1-4とされた。
8裏から連投の藤川がマウンドへ。
見えない疲れが蓄積しているのだろう?今ひとつ調子がいいようには見れなかった。
一ゴロ失、右2ベース、四球で無死満塁としてしまい、北川にセンターへタイムリーを運ばれ2-4。
次の阿部真は投併殺に打ち取り二死二・三塁で塩崎にライトへ2点タイムリーを打たれ4-4の同点とされてしまった。

勝負を決めたのは9表。
鳥谷レフトヒットシーツレフトヒット金本投安で無死満塁の大チャンス!
打席には今岡が入る。チャンスマーチの鳴り響く中、1-1から軽く振りぬいた打球はレフト3階席へ飛び込む勝ち越し満塁ホームランとなり、4-8とした。

9裏、最後は久保田がマウンドへ。
だが、二死二・三塁としてしまったが、谷を空振三振にしとめて何とか試合終了。

オリックスに連勝〜
でも、最後はもっと楽に投げていい場面なのに、力が入りすぎていたのかな?

今日、燕・竜共に負けてタイガースが2位へ浮上!
@燕 30勝24敗0分 勝率.556
A虎 31勝25敗3分 勝率.554 差0
B竜 32勝26敗0分 勝率.552 差0
と大混戦!つまらないミスで取りこぼしのないようにしてもらいたい!
ここで一気に抜け出してもらいたい!!!
頑張れタイガース!!!
posted by ユタパパ at 23:59| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(23) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。