2005年04月13日

04/12 vs Giants 1回戦 @甲子園 8-1○

勢いの差?いやいや実力の差!

虚 000 100 000=1
神 100 041 20x=8

先発は下柳。

小雨が降り続く中での試合となった。
初回、好調赤星が出塁したことから先制点を奪取した!
とにかく、初回に赤星が出塁すると先制点に結びつく。

3回に同点にされるも、5回裏、無死満塁で四番・金本の右中間フェンス直撃のタイムリーツーベースで逆転!3-1
続く今岡もライト前へラッキーなポテンヒットがタイムリーとなり更に追加点。4-1
二死後、矢野の中前タイムリーで5-1とした。
この回、藤本の送りバントで讀賣捕手・阿部の一塁への送球が逸れたために藤本も生きた。その後に、二走赤星とのダブルスチールが讀賣バッテリーには堪えたようだ。打者に集中できずに、金本は甘く入ってきたボールを見逃さなかった。
20050412_215430953.jpg

その後も着実に追加点を上げ、無失点の投手リレーでの勝利。
もう勢いの差ではなく、実力の差ではないだろうか?

今年、阪神のベンチを見ていて感じることがある。
岡田監督が昨年より数倍も喜怒哀楽の表情をしている。
点が入れば笑顔を出す。また失点すれば渋い顔をしている。
指揮官の素直な表情が表れていると思う。昨年までは見れなかった絵である。
戦っているのは選手だけではない。ベンチも一丸となって戦っていると今季は感じられる。
posted by ユタパパ at 00:41| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(5) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。